ご来館予約 資料請求 お問い合わせ
なんば店北白川店プラン&フェアチャペルウエディング人前式ウエディング神前式ウエディングフォトウエディングドレス・衣装披露宴・パーティ・会食
HOME > ブライダルことば辞典(一覧) > 白いウェディングドレスの由来
WORDS
ブライダルことば辞典

白いウエディングドレスの由来

 

花嫁様といえば、純白のウェディングドレスが思い浮かびますね。

もろちん、日本古来から受けつがれている伝統衣裳である白無垢や綿帽子も花嫁衣装ですが、やはり、お姫様のようなウェディングドレスに憧れる女性は多いのではないでしょうか?

ではなぜ「白いウェディングドレスを着る」という習慣が生まれたのでしょうか?

白いウェディングドレスの習慣を定着させたのは、19世紀イギリスのヴィクトリア女王だと言われています。その治世は「ヴィクトリア朝」と呼ばれ、たくさんの文化や芸術が花開いた最も輝かしい時代でした。美しく聡明であったヴィクトリア女王は、女性の間ではファッションリーダー的存在でした。

当時、上流階級社会では白いウェディングドレスが着用されていましたが、それ以下の階層では地味な色合いが主流でした。ですが、ヴィクトリア女王が結婚式で白いシルクのドレスを身につけ、頭には手織りのレースのヴェールという清楚な出で立ちで登場したことによって、中流階級の女性達も真似をするようになったと言われています。それが白いウェディングドレスを着るという習慣につながっていったんですね。

また、中流階級の経済力の向上や、産業の急成長などを背景に、中流階級の女性達が高価なシルクやレースなどを手に入れやすくなったことも挙げられます。また白という色が純潔を思わせることも、花嫁にふさわしいと考えられたのではないでしょうか。

この習慣は日本にも伝えられ、今や定番となっています。純白の衣裳に身を包み、特別な気持ちをたくし大切な日を迎えてください。

   
 
 
お気軽にお問い合せ下さい。 お問い合せ カタログ請求(無料) ご見学予約
 
チャペルグリーンベル(京都)
〒606-8126
京都府京都市左京区一乗寺向畑町8-2
tel : 075-711-7106
フリーダイヤル : 0120-874-901
【休館日】
年中無休(12月31日・1月1日のみ休館)
ページトップへ