ご来館予約 資料請求 お問い合わせ
なんば店北白川店プラン&フェアチャペルウエディング人前式ウエディング神前式ウエディングフォトウエディングドレス・衣装披露宴・パーティ・会食
HOME > ブライダルことば辞典(一覧) > 招待状
WORDS
ブライダルことば辞典

招待状(Invitation)


結婚式場も決まり、お二人の挙式へのイメージを具体化していこうという時期に差し掛かってくると、同時にゲストへのアプローチも始めなければなりません。

最初に、ゲストのリストアップをしながら、どれくらいの人数を招待するか、お二人で話し合いましょう。それによりご予算や内容も大きく変わります。ここでは、ご両親にアドバイスをいただくのもスムーズに準備をすすめるコツです。3ヶ月前にはリストを確定させるようにしましょう。このリスト作りは意外と時間がかかります。

次に、いよいよ招待状の作成です。デザインや紙選び、印刷、装飾、封入など製作工程はたくさんあります。リストアップ作業と並行して、デザインや紙選びを開始するなど、段階を踏んで、丁寧に進めていきましょう。

招待状はゲストへの最初のアプローチとしてとても大切です。招待状とはお二人からゲストへ結婚式に出席してほしいという気持ちを伝えるものですので、いくつかの決まりを守ってお二人の気持ちがしっかりと伝わるような招待状にしましょう。



1)制作は遅くとも3ヶ月前には始めましょう。

通常、招待状の返信期間は最低でも2週間〜1ヶ月は必要になります。あまり返信を急かしては失礼にあたります。また、制作そのものにも余裕をもって1ヶ月は時間を取りましょう。


2)必要な6点をセットで忘れずに用意しましょう。


本状:

「誰が」「いつ」「どこで」結婚式を行うのかを、わかりやすくまとめましょう。二つ折りの厚手のカードが一般的です。
本来、本状はご披露宴(会食会・小宴)の日時を記します。
挙式は付箋で案内をします。祝辞、余興の依頼も付箋を同封します。
まずは媒酌人の有無、招待状の差出人を両親にするのか本人にするのかを決め、シチュエーションに合わせた文面にします。
ルールを守って、簡潔で読みやすい文面とレイアウトで作成しましょう。

封筒:

シンプルな無地のタイプを使いましょう。宛名は縦書き横書きどちらでも構いません。

切手:

封筒と返信はがきに使用します。慶事用切手は50円・80円・90円の3種が販売されています。近頃はオリジナルの写真付き切手などもあります。オリジナル切手を作る場合は、早めに郵便局に申し込みましょう。ふるさと切手の「花嫁」、「筑波山と水郷潮来のアヤメ」を使っても結婚式らしい雰囲気で素敵です。

返信ハガキ:

結婚式の出欠確認のために返信してもらうハガキには、50円切手を貼ることを忘れずに。表には返信先の住所と氏名を記入しておきましょう。返信先の氏名には「様」をつけるのではなく「行」とするのがマナーです。

メッセージ(付箋) :

スピーチや余興、受付などをお願いする人へのメッセージや、個人に宛てたひと言を伝えるカードです。披露宴前に挙式から参加してもらう近親者など、集合時間と場所が他の招待客と異なる場合の連絡にも使うことができます。

会場地図:

結婚式会場の地図も忘れずに同封しましょう。
会場名、住所、電話番号、地図はもちろん、最寄り駅からの所要時間、駐車場の場所なども明記しましょう。
ほとんどの方が初めて訪れる場所と考え、判りやすさが重要です。

※招待状の作り方 ここまで守ると完璧!ルール集

・招待状の文面には句読点をつけず、段落を変える際も文頭をあけません。これは「慶事には区切りをつけない」という意味が込められています。

・媒酌人様には返信ハガキは不要です。

・ご媒酌人様夫妻・来賓・ご上司へは、なるべく手渡しされるとよいでしょう。

・消印の日付が大安の日になるように、挙式2ヶ月前の大安の午前中に投函するとよいとされています。又、返信ハガキの期日は、挙式1ヶ月前の大安にするとよいとされています。



3)招待状の発送は結婚式の2ヶ月前に行いましょう。


宛名書き:

氏名の表記ミスは失礼にあたります。漢字などがわからない場合は直接本人に確認しましょう。招待状を発送した後では、間違いを正せません。念には念を入れて宛名の確認をしましょう。ひとりで確認していると思い込みで間違いに気づかないことがあります。ふたりがチェックしたあとは、可能であればご両親にもお願いしてみましょう。


投函ではなく窓口で:

通常の定形郵便は25gまで80円ですが、厚手の紙や中紙を使用した場合などは、この料金の重量に収まらないこともあります。料金不足で招待客が不足分の料金を負担したなどということにならないよう、郵便局の窓口でサイズと重量を量り、確認した上で料金分の切手を貼るようにしましょう。



*****


お二人の大切な一日は、ここから始まっていくのです。ゲストに「是非参加したい!」と思ってもらえるような招待状を準備しましょう。


  ご参考: 印刷物  


 

 
お気軽にお問い合せ下さい。 お問い合せ カタログ請求(無料) ご見学予約
 
チャペルグリーンベル(京都)
〒606-8126
京都府京都市左京区一乗寺向畑町8-2
tel : 075-711-7106
フリーダイヤル : 0120-874-901
【休館日】
年中無休(12月31日・1月1日のみ休館)
ページトップへ