ご来館予約 資料請求 お問い合わせ
なんば店北白川店プラン&フェアチャペルウエディング人前式ウエディング神前式ウエディングフォトウエディングドレス・衣装披露宴・パーティ・会食
HOME > ブライダルことば辞典(一覧) > 和装衣裳
WORDS
ブライダルことば辞典

和装衣裳


現代の婚礼衣裳の主流は、ウエディングドレスやカラードレスではありますが、今また、ご結婚を迎えた晴れやかな気持ちを、「和装衣裳」に重ねて、大切な日の記録を残されるおふたりが近年増えてきています。

古来のデザインから、現代の要素を含めたものまで様々な種類を取り扱っているスタジオや式場があります。堅苦しい、というイメージではなく、気軽に着ていただくことも可能になっています。今回は、和装衣裳の基礎知識をご案内いたします。


【新婦用】

伝統的な和装衣裳の代表格は「打掛」です。「打掛小袖」とも言います。その中で白いものを「白無垢」、色の入ったものを「色打掛」とも言います。もともとは室町時代に武家の婦人の礼服として羽織のように打ち掛けるようにして着られていたので、このような名が付きました。江戸時代には豪商や富裕な町家でも着られるようになり、次第に一般にも婚礼の礼服として普及しました。帯もせず、歩くときに褄(つま)をかい取らねばならないので、掻取(かいどり)とも呼ばれています。


1.白無垢 2.色打掛 3.本振袖
白無垢
色打掛
本振袖
白い掛下に白い打掛を羽織り、帯や小物に至るまですべてを白一色で統一した婚礼衣裳です。気高い雰囲気を漂わせる、最高の格式がある和装の代表格です。「白」という色は清純無垢で汚れのないようすを表すと共に、「婚家の色に染まります」という花嫁の思いが込められていると言われています。髪は文金高島田に結い上げて、綿帽子または角隠しで覆います。
白い着物の上にはおって裾をひく、金糸や銀糸で豪華に吉祥文様を織り上げた華麗な着物をいいます。赤をベースに、花や日本の四季、鶴や亀といったおめでたい柄が主流となります。白無垢同様、式服として用することができます。髪は文金高島田に結い上げ、角隠しをつけるのが正式。白無垢のときと異なり、金や銀、華やかな色の小物を用いることができます。
白黒地の本振袖(大振袖)は、白無垢、色打掛同様、正式な式服として用いることができます。その場合、通常振袖を着るときとは異なり、腰の部分の布を折り込まず、裾を引いた「引き着」にします。このため、「お引き」「お引きずり」とも呼ばれます。明治時代から昭和にかけて花嫁衣裳として流行したもので、レトロなイメージが新鮮に映って最近再び人気が復活しています。自分の髪で結い上げたスタイルで個性的に自分らしく装うのも現代風です。
【新郎用】

1.紋付羽織・袴

新婦が白無垢・色打掛・本振袖の場合、新郎は羽織と袴を装います。染め抜きの五つ紋(ご自身の家の家紋)がついた黒羽二重の着物と羽織に、仙台平の袴を合わせるのが正装です。羽織は黒、袴は茶または黒の縞、帯はグレーまたはこげ茶になります。最近は色ものの紋服もあるが、これは準礼装になるので、挙式には不向きです。小物類はすべて白で統一します。

****

奥ゆかしくも、凛とした表情を際立たせる和装は、日本人ならば、是非袖を通してみたいものですね。挙式では洋装を着られる方も、和装での撮影プランで前撮り、後撮りで利用されるというケースが多いようです。おふたりの幸せなお姿を日本伝統の衣裳で残されれば、おふたりの喜びもさらに増し、それ以上にご両親様やご親族様にも喜んでいただけるでしょう。
 

 

 
お気軽にお問い合せ下さい。 お問い合せ カタログ請求(無料) ご見学予約
 
チャペルグリーンベル(京都)
〒606-8126
京都府京都市左京区一乗寺向畑町8-2
tel : 075-711-7106
フリーダイヤル : 0120-874-901
【休館日】
年中無休(12月31日・1月1日のみ休館)
ページトップへ