ご来館予約 資料請求 お問い合わせ
なんば店北白川店プラン&フェアチャペルウエディング人前式ウエディング神前式ウエディングフォトウエディングドレス・衣装披露宴・パーティ・会食
HOME > ブライダルことば辞典(一覧) > ウエディングケーキ
WORDS
ブライダルことば辞典

ウエディングケーキ

 
結婚式の定番中の定番といえば、ウエディングケーキですね。ウエディングケーキの由来は諸説ありますが、結婚式にケーキらしきものが登場したのは古代エジプトにおいてのことと言われます。現在の形に最も近いウエディングケーキの基本はシュガーケーキでした。18世紀イギリスのビクトリア女王ご成婚のときに登場したのが最初です。しっかり焼いたフルーツケーキにシュガーペーストでデコレーションしたもので、保存性が高く、現代でもガーデンやリゾートでのウエディングに最適です。3段重ねの1段目は披露宴に出席したお客様に、2段目は出席できなかったお客様に贈り、3段目は最初の結婚記念日まで取っておくのが慣わしとなっていました。

最近は、本物志向の時代になり、ウエディングケーキも大きさを競うようなものから、質や味を重視したものへと変わってきたようです。ケーキのデザインも、伝統を重んじたオーソドックスなものが再び注目されています。種類としては、前述のシュガーケーキ、スポンジや生クリームでできている生ケーキ(フレッシュケーキ) 、フランスに伝わる伝統的な形で、アメをかけた小さなシュークリームをタワーのように積み上げたクロカンブッシュなどがあります。

忘れてはいけないのが、かつては「ふたりの初の共同作業」などともいわれた「ウエディングケーキカット」です。通常は、ケーキカットのセレモニーは披露宴の最初の部分で行われることが多いようです。その由来は、ギリシャ神話の一説によるもの。愛しあうふたりが将来を誓いあったとき、ひとつのパンを分かち合って永遠の愛を誓ったというものです。
ケーキカットの前後の演出もさまざまです。まずひとつめは、カット前の演出。通常はメインテーブルの隣にセットされているケーキですが、「ケーキ入場です!」と声をかけて、厳かに登場させるのも楽しいですね。また、ケーキのエスコートを兄弟姉妹や仲の良い友人などに頼んでみるのもよいでしょう。

カット後の演出は、まず生ケーキの場合、いったん厨房に引き入れ、デザート時に「甘い幸福のおすそわけ」として切り分け、列席の皆様に振舞うという演出は、ますます人気が高まっています。また、新郎新婦がお互いにウエディングケーキを食べさせあう「ファーストバイト」、「フィーディング」も人気です。新郎から新婦への一口は「一生食べさせてあげる」、新婦から新郎への一口は「一生おいしいものを作ってあげる」との意味があるそうです。新郎新婦のファーストバイトに先立って、「見本を見せて」とご両親にお願いするケースもあります。ご両親には内緒にしておいて、その場で突然お願いしてびっくりさせるパターンが多いようですね。

定番のウエディングケーキだからこそ、こだわっておふたりらしさを演出してはいかがでしょうか?尚、式場によっては対応できない場合もあるので、事前に相談してみることをおすすめします。



 
 
 
お気軽にお問い合せ下さい。 お問い合せ カタログ請求(無料) ご見学予約
 
チャペルグリーンベル(京都)
〒606-8126
京都府京都市左京区一乗寺向畑町8-2
tel : 075-711-7106
フリーダイヤル : 0120-874-901
【休館日】
年中無休(12月31日・1月1日のみ休館)
ページトップへ