ご来館予約 資料請求 お問い合わせ
なんば店北白川店プラン&フェアチャペルウエディング人前式ウエディング神前式ウエディングフォトウエディングドレス・衣装披露宴・パーティ・会食
HOME > ブライダルことば辞典(一覧) > 六輝(ろっき)
WORDS
ブライダルことば辞典

六輝 (ろっき)

 
 結婚式の日取りを決める際に、少し注意したいのが、「お日柄」です。
 「本日はお日柄もよく・・・」などという会話を必ず結婚式では耳にするように、日本人は「六輝」に基づいた「良い日」「悪い日」を意識することが多いのです。
 「六輝」とは、太陰暦(旧暦)で吉凶を定めるための基準となる六つの星のことをいいます。旧暦の一月一日から星のひとつである「先勝」から始まり、「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の六輝が順に配されています。六日間で一巡するこの六曜思想は、中国の「時占い」が縁起と結びついたものと言われています。
 もう少し深い話をすれば、14世紀の鎌倉時代末期から室町時代の頃「六輝」は中国からやってきました。江戸時代に現在の形となり、人々の間に浸透したのは第2次世界大戦以降のことです。


名称
よみ
意味
大安
たいあん
一日中、吉。
大いに安しの意味。万事に良いとされる大吉日。
友引
ともびき
午前中と夕方は吉、正午のみ凶。
特に葬式を忌みますが、「友を引く」として結婚式には喜ばれる。
先勝
さきがち
午前中は吉、午後は凶。
先んずれば勝つという意味。
先負
さきまけ
午前中は凶、午後は吉。
先んずれば負けるという意味。
赤口
しゃっこう
正午のみ吉。 午前・午後は凶。
赤口神という鬼神が人々を悩ます日。
赤口神が休むという午の刻だけは吉。
仏滅
ぶつめつ
すべて凶。
仏も滅するようは最悪の日という意味。
古くは「物滅」と表記していて、仏教とは関係ない。


  式場によっては「お日柄」によって値段が変わる場合もあります。又、婚約や挙式をはじめとして、披露宴への招待状や婚姻届を出す日まで、縁起を重んじる人は現在でも少なくありません。最近の傾向としては、新郎新婦はほとんど気にされていなくても、ご両親やご親族が気にされる場合が多いようです。皆様が納得できるお日にちを選ぶのが一番です。後々記憶にも残りますので、しっかりとご確認やご相談をされるとよいでしょう。

 
 
お気軽にお問い合せ下さい。 お問い合せ カタログ請求(無料) ご見学予約
 
チャペルグリーンベル(京都)
〒606-8126
京都府京都市左京区一乗寺向畑町8-2
tel : 075-711-7106
フリーダイヤル : 0120-874-901
【休館日】
年中無休(12月31日・1月1日のみ休館)
ページトップへ