ご来館予約 資料請求 お問い合わせ
なんば店北白川店プラン&フェアチャペルウエディング人前式ウエディング神前式ウエディングフォトウエディングドレス・衣装披露宴・パーティ・会食
HOME > ブライダルことば辞典(一覧) > ジューン・ブライド (June Bride)
WORDS
ブライダルことば辞典

ジューン・ブライド (June Bride)

 

6月に結婚した花嫁は幸せになれるというヨーロッパからの伝承です。その由来には諸説があるようです。

1) ジューン(June)というのは、ローマ神話の最高女神、結婚と出産を司るユノー(Juno)に由来しています。彼女に捧げる月である6月(ジューン)に結婚する「ジューンブライド〜6月の花嫁」は、その守護ゆえに幸せになれるという説です。
2) その昔、ヨーロッパでは、3、4、5月の3カ月間は結婚することが禁止されていていました。6月は結婚が解禁になる月であるため、6月になっていっせいにカップルたちが結婚し、 周りの人達からの祝福も最も多い月だったとする説です。


日本では、6月は梅雨の時期なのですが、少しの心遣いでゲストに満足いただける一日は実現可能です。以下はチャペルグリーンベルからのアドバイスです。ぜひ参考にしてみてください。

1) 1一言メッセージを入れる

招待状に 「梅雨の時期にご足労いただき心苦しい限りです」 などの断りを一言入れると、ゲストが受ける印象もずいぶん違ったものになります。席札の裏にメッセージとして残してもいいですね。

2) 雨対策は万全に

雨が降っても、ゲストが気持ちよく過ごせるような配慮が必要です。例えば、プチギフトとしてミニタオルを用意して受付の際にお渡しし、濡れた足元や洋服、バッグなどを拭いていただくようにします。晴天の場合は、お開き時に配ると喜んでいただけるでしょう。

3) 引出物にも工夫を


雨が降る中、大きくて重い引出物を下げて帰っていただくのは心苦しいものですね。引出物は軽くて、コンパクトなもの(カタログギフトなど)にするといいでしょう。

4) 雨の日ウエディングならでは

雨を楽しむぐらいの気分で、楽しい演出を組入れていきましょう!例えば 「当日雨が降れば、新郎新婦から抽選でゲスト1名にプレゼントがあります!」 や 「雨の場合は、新郎新婦が一曲歌います!」 などあらかじめ招待状で宣言しておくのもよいかもしれません。
 
 
 
お気軽にお問い合せ下さい。 お問い合せ カタログ請求(無料) ご見学予約
 
チャペルグリーンベル(京都)
〒606-8126
京都府京都市左京区一乗寺向畑町8-2
tel : 075-711-7106
フリーダイヤル : 0120-874-901
【休館日】
年中無休(12月31日・1月1日のみ休館)
ページトップへ